社員座談会

採用担当 座談会

  • 説明会や面接を担当する人事の2人。そんな2人に気になる採用についてのあれこれを聞いてみました。

  • インサイトの説明会や
    面接の雰囲気はどんな感じですか?

     

    Sayuri・Fuka:「このままだよね(笑)」(綺麗なハモリ)

     

    一同:(笑)

     

    Fuka:「私達らしく”いつも通り”明るく元気にやっている感じです!」

     

    Sayuri:「そうそう!だから説明会も面接も、雑談をしながらフランクに話している感じかな。Fukaは新卒でインサイトに入社しているけど当時の面接と今の面接を比べてどう?」

     

    Fuka:「明るい雰囲気は当時から何も変わっていないと思います。あと学生の私に対して100%の力で向き合ってくれていたのを感じましたね。自分がそうしてもらったからこそ、私も就活生の子たちに100%の力で向き合う事を意識しています。」

  • 100%の力で向き合うというお話が出ましたが、
    他にお二人が就活生と関わる時に意識している事はありますか?

    Sayuri:「変に取り繕わずに、ありのままで、嘘をつかない。というのを絶対のルールで説明会や面接をやっています。」

    Fuka:「これは二人の共通ルールだけど、面接に関わる全ての人にもお願いしていますね。例えば、学生にとってはネガティブなイメージになるかもしれない質問にも取り繕わずに答えてくださいって。」

     

    Sayuri:「そこで取り繕っても結局入社してからミスマッチが起こる、でもそれはお互いのためにならないですからね。なので、インサイトの説明会では質疑応答の時間をかなり長く設けていて、自分の中でネックになっているところがあるならネガティブな事でも聞いてくださいって伝えるようにしています。」

  • そんなお二人が面接する際、
    学生のどんなところを見ていますか?

    Sayuri:「”仕事に対しての熱量”があるかどうかですね。正直、ビジョンとかは学生の時点で具体化できていなくても良いと思っていて、働いていく中で明確になっていく物だと思っているんです。ただビジョンを明確にするには”熱量”が絶対に必要になってくるから、そこは重視しています。」

    Fuka:「新社会人はみんなスタートラインは同じだけど、熱量があるかないかで成長率に違いがでてきますもんね。」

     

    Sayuri:「そうそう!あと代表からの唯一のオーダーは”真っ白な子”ですね。要するに、素直で自分に新しい色を付けるために成長意欲がある子。Fukaが言ってくれたように、こういう子の方が成長率が高い!」

  • 最後に、人事を経験しているお二人が
    もし学生に戻ったらどのように就活をすると思いますか?

    Fuka:「それこそ今はコロナの影響とかもあると思うけど、それでも就活のスタイルは当時と変わらないと思います。自分の中で譲れない部分が会社とマッチするか、そこを重視して就活をしますね。」

    Sayuri:「私も当時と変わらず、人と人の繋がりで仕事ができるか、自分のやりたい事を叶えるチャンスがもらえるかを重視して就活しますね。私の中ではこれが軸になるから業界はどこでも気にならないかな。私達よく言うよね?生まれ変わったら…」

     

    Fuka:「キャビンアテンダントになりたい!(笑)」

    Sayuri:「私は来世は外科医やってから弁護士になる予定だから、大忙しなのよ!!!(笑)」

    一同:(笑)

     

    Sayuri:「何が言いたいかって言うと、就活生には1つブレない軸を持っておいて欲しいって事ですね。それが環境なのか、業界なのかは人によって違うと思うけど、その軸が会社と合っていれば頑張ることができる!だから軸をブラさないで就活をするって本当に大切だと思います。」